共働きだったからつい

2014年9月16日

家を買う時はこの先もずっと共働きだからと、余計なオプションをつけてしまいました。

今思うと身分不相応な贅沢品だったと反省していますが、自分の家を持つと言う事で舞い上がっていたのです。

当然ローンも当初予定していた金額を上回り、妻も節約しないとねと言っていました。

実際ローンを払い始めたら、それまでのアパート暮らしとは違い光熱費など余計にかかるようになり、家計簿などつけた事が無かったので月末には夫婦そろって小銭しかないと言った状態になる事も多くなりました。

それに加え、税金の支払いや思いもしなかった支出が増えて、いよいよこれではローンも払えなくなると生活の見直しを迫られたのです。

ネットや雑誌を参考に、無駄をなくし節約の知恵を集めて頑張ること数か月、初めて貯金に回せるお金ができたことに夫婦で飛び上がって喜びました。

あの大赤字の家計が貯金できるまでの黒字になったと言う事は、今までいかにお金を無駄にしてきたかと言う事なので反省しました。

やってやれないことはない、自分に自信が持てるようになりましたが気を緩めずしっかりローンを返済していきます。