家計を考えた住宅ローンの選択が

夢のマイホームを手に入れるためには、本当に多額のお金が必要になることでしょう。今はマンションや一戸建てなど、それぞれの人のライフスタイルや資金計画により、選んでいくようになるのですが、新築の場合もあれば、中古で購入する場合もあります。それも自分の所有する暮らしの器ができるというのは、何よりも嬉しいことなのです。大切にしていこうという気持ちも芽生えることでしょう。

しかし、資金計画を立てる際には、なかなか一括でまとめてお金を支払えるという人は少ないものです。ですから、頭金を準備したりすることになるでしょう。残り分は住宅ローンを組んでいくことになります。

購入する場所や住宅形式によって、かなり金額に違いがありますが、地方都市であっても2000~3000万円、東京などの大都市では5000万円ともいわれます。ですから、一生をかけて支払いをしていくようなローンの組み方になる人も多いのです。

一般的に、家計の中で住宅費にかけられるローン額の目安というのは、25~30%程度の抑えて考えていくといいといわれます。ですから、自分の年収に対して、住宅費にかけられる金額に返済年数を算出して、借入金を決めていきます。現役の時に返済が終わらないようなら、退職金をあてにするということもあります。

次に借り入れをする金融機関について、検討をします。銀行や農協、国の住宅金融支援機構などから、それぞれの情報を集めてどこから借入をするのかを考えるといいでしょう。金利の負担もかかりますから、自分たちの家計の状態やライフサイクルなどを考慮して慎重に決めていきます。ローンを組む際には、固定金利や変動金利などもあるのですが、短期で返済できる見込みがあり、ちょうど金利が低いようなご時世であれば、変動でもいいのでしょうが、長期的に返済をしていくようであれば、固定にしたほうが安心して生活えお送ることができるでしょう。

また、ローンの返済をしている間にリストラや給与やボーナスが下がるリスクも考えて、危険のない範囲で決めるといいでしょう。