変動金利での支払いとは

住宅ローンは高額の資金を長期間にわたって借り入れることがほとんどです。したがって利息の総支払額もかなりの額になることから、金利に関する情報は住宅ローンを検討する際の最重要事項になります。

住宅ローンは一般的に2種類の金利タイプから選択することになります。それは固定金利タイプと変動金利タイプです。固定金利タイプはその名のとおり、借り入れ期間中ずっと同じ金利が適用される商品です。月々の支払い額が一定なので返済スケジュールが立てやすいうえ、市場における金利動向の影響を受けないことから、安心して利用することができるのが魅力ですが、その反面、金利が高めに設定されているのが難点です。

それに比べて金利が変動するタイプの商品は、短期プライムレートに連動して金利が変動するので、毎年4月と10月に金利が見直されます。したがって返済額や利息の総支払額が確定しないというデメリットが存在するのですが、固定金利と比べて金利が低めに設定されているのが特徴です。また市場において金利が下降局面にあるときは、当然ながら住宅ローン金利も低水準で推移しますので、変動金利のほうが固定金利よりも利用者にとっては有利となります。

さらに一般的な変動金利の住宅ローンには、急激な金利上昇によるリスクを低減する仕組みも導入されています。実はこのタイプの住宅ローンの金利は半年ごとに見直されるのですが、実際の返済額の見直しは多くの場合5年に1度なのです。つまり5年間は月々の支払額は変わらないということです。しかも金利が急上昇した場合でも、返済額の見直しの際は従来の返済額の1.25倍までというルールがありますので、急速に家計に悪影響を与える心配はないのです。

このように変動金利には固定金利には無い魅力があるのは確かです。ただし生活費の余力が無い状態でこのタイプの金利を利用するのはリスクがあります。ある程度金融の知識があり、短期間での返済を考えている人に適している商品といえるでしょう。